Event is FINISHED

「アーバンデータチャレンジ2017 沖縄ブロック」テーマミーティング10月度〜地域や社会の課題を地域で解決する〜

Description
1. 実施概要
主  催:一般社団法人沖縄オープンラボラトリ
共  催:一般社団法人 社会基盤情報流通推進協議会
運  営:アーバンデータチャレンジ2017沖縄ブロック
日  時:2017年10月15日(日)13時〜17時
会  場:宜野湾ベイサイド情報通信センター 研修室
     http://www.gbic.jp/access/
募集人数:20名
参加費用:無料(事前登録制)
✳︎施設内駐車場(20台)が満車の場合は、宜野湾マリーナ有料駐車場(300円/日)をご利用下さい。

2.実施目的

沖縄オープンラボラトリでは、これまで社会や産業を支えるネットワークやクラウドといったICT基盤技術の普及・啓蒙施策を進めてきましたが、社会基盤の観点から地域の課題解決にあたる必要性から、地域課題の解決を目的に地域の地方自治体・企業・大学・市民等と協力し、データを活用したコミュニティ形成型課題解決コンテストである「アーバンデータチャレンジ2017」に取り組んでおります。

 8月3日に本キックオフ・ミーティング、9月2日に課題の共有・分析・アイデア出しのためのワークショップを開催いたしましたが、いよいよ本格的に課題解決にむけ実践のフェーズに入っていきます。

 既に、地域の課題と手段を持った人々が集い、取り組むテーマについて検討を始めていますが、この中から、新たなビジネスや人材が育ち、地域全体が活性化することを期待しています。

 今回は、検討をしている活動テーマについてのご紹介、これに賛同をする方々とのチームビルド、各テーマごとに活動の具体化を進め、その後のチーム活動・実践につなげていきます。

 既にキックオフ、ワークショップにご参加の方はもちろんのこと、ご関心がありながらも、まだご参加できなかった方々にもご参加いただき、ともに地域課題の解決および事業化に向けた活動を進めましょう

なお、今後の活動やイベントを以下のご案内ページを中心に随時ご紹介していきますので、いつでも途中からのご参加も含め、ご注目いただければありがたく思います。




3.活動テーマ案

すでにワークショップにて検討された活動テーマ案を2つご紹介します。

【地域の困ったことを共有し、解決できる人をつなげたい】

 地域の課題を抱えている人と課題を共有し、それを解決できる人をつなげることで、地域で起こっている課題を知り、自分ごととし、地域の力を集めることで解決できる仕組みをつくりたい。
 報酬手段や安心・安全面などの課題はあるが、地域の今を知り、地域のコミュニティ能力を上げる仕掛けとしたい。

【世代間で失われつつある伝統文化や郷土料理を知り、後に残したい】
 御願(うがん)など、若い世代では失われつつある、沖縄の残すべき衣食住や職人技・芸能など歴史的にも大事にし継承していきたいものを、様々な形で蓄積し、様々な切り口でみえるようにすることで、沖縄の次の世代につなぎ、また外に沖縄の良さを伝えられるようにしたい。

4.プログラム(案)

 (1)活動テーマ案のピッチ
 (2)テーマ案ごとのチームビルド
 (3)チーム単位にアイデアの深堀、目標設定、活動の進め方等の議論
 (4)チームごとの活動計画発表

5.募集対象者・参加条件

自ら地域や社会の課題認識を持ち、コミュニティやアイデア、データ活用、技術などの力で解決をしたいと考えており、将来、自ら新たな社会や地域をつくっていこうという志を持つ市民、社会人、学生

◆◆お問い合わせ先◆◆
  沖縄オープンラボラトリ (担当:原 芳人)
 E-Mail:yoshihito.hara@okinawaopenlabs.org

Sun Oct 15, 2017
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
テーマミーティング参加 FULL
Venue Address
沖縄県宜野湾市宇地泊558-18 Japan
Organizer
一般社団法人 沖縄オープンラボラトリ
451 Followers
Attendees
3